加齢に伴うお肌の変化

顔に触れる女性

脂漏性角化症とは

脂漏性角化症とは老人性疣贅と呼ばれているいぼのことです。良性の皮膚腫瘍の1種なので、ほっといても健康には問題ありません。痛みや出血をともなう症状はありませんが、放置しておくと大きくなることがあります。首や首もとにできやすく、場合によっては顔にもできることがあります。女性の場合だと顔にできてしまうと、化粧品で隠すことが難しくなるので気にする方も多いでしょう。このいぼの原因は紫外線によるお肌へのダメージが蓄積し、お肌の回復力が追いつかなくなってしまうためです。紫外線はお肌の表面にメラニンを作ります。メラニンはシミの原因になることもありますが、紫外線をお肌の奥まで届くことを防ぐ役割を持っています。お肌の代謝が活発に行われていれば、古い角質とともにメラニンは排出されていきますが、加齢により代謝が衰えてくるとメラニンがお肌の表面で沈着してしまうのです。そうなるとシミになったり、それが盛り上がってしまいいぼとなるのです。治療方法は凍結療法やレーザー療法が一般的ですが、いぼが大きくなってしまった場合は外科的手術を行うこともあります。手術はメスでいぼを切除する方法ですが、傷跡はほとんど残ることはありません。気になる方は皮膚科に相談するとよいでしょう。老人性いぼは紫外線のダメージが原因ですが、塗り薬や内服薬によって治療することが可能です。しかし治療するのに時間を多く要するため、途中であきらめてしまう方も少なくないです。いぼが大きかったり、できるだけ早く治療したい方は外科的手術の方がよいでしょう。手術は電気メスを使用することが多いです。電気メスでの切除は、傷の治りがはやく、傷跡も残りにくいのが特徴なので大きないぼや顔にできた場合などに有効です。表面麻酔をするので、施術中は痛みを感じることはありません。この手術のメリットは、時間がかからないことです。塗り薬や内服薬だと、効果がでるのに何週間もかかることがありますが、電気メスの場合だと1回ですみます。顔や首元のいぼは目立つので、すぐ治療できるのは大きなメリットといえるでしょう。また保険適用内ですので、費用も安くすみます。いぼの治療はレーザーで除去する方法もありますが、こちらは保険適用外となってしまうので、治療費は全額自己負担となってしまいます。またレーザー治療は肥大化してしまうと難しい場合があります。治療方法は手術の他に凍結療法や内服薬などありますので、費用や治療後の状態を考えて納得のいく方法を選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2018 目立って気になるいぼこそ切除手術【レーザーで対応をする】 All Rights Reserved.