施術前に勉強しよう

医者と看護師

知識があれば安心

顔や体のいぼに、悩まれている方は非常に多いです。いぼがあるだけで、実年齢より老けて見られる場合もあります。そのため、いぼを除去するだけで、顔や体の印象を劇的に変えることができます。いぼを除去する場合、自己流で行うことも可能です。しかし、市販の塗り薬や飲み薬では、即効性が感じられない場合が多いです。そのため、美容整形外科などを利用し、いぼの除去手術を検討する方が増えています。しかし、次のような方は、手術が受けられない可能性があるため、注意が必要です。まず、妊娠中や授乳中の方、日焼けがある方や日焼けをする予定がある方は、施術ができない場合が多いです。また、皮膚炎の方も同様に、施術を断られる可能性があります。該当している方は、自分の肌の状態を伝えた上で、医師に施術が可能か問い合わせてみることをお勧めします。また、除去手術は、一般的にダウンタイムが短いといわれています。しかし、施術直後は、多少の痛みや赤みが生じる可能性があるため、イベント前の施術は控えるようにしましょう。施術後は、アフターケアを自己流では行わないことが大切です。綺麗な肌にするため、医師の指示に従い、アフターケアを適切な方法で丁寧に行うようにしましょう。人により、いぼの種類や大きさは大きく異なります。そのため、除去を希望する場合は、医師にいぼの状態を診察してもらい、再発の可能性が少ない除去手術をしてもらうことが大切です。いぼの中には、ウイルス性のものと老人性のものがあります。ウイルス性のものは、顔だけでなく体中にできやすいのが特徴です。また、表面がザラザラとかさつきがあり、丸い形をしたものが多いです。ウイルス性のものは、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるものが原因で、顔や体の小さな傷口から侵入し、感染すると考えられています。そのため、怪我をした場合は、絆創膏をすぐにするように心掛けましょう。また、ウイルス性のものは、自分で除去しないことが大切です。自己流の場合、除去しても再発する可能性が非常に高いです。そのため、医師に適切な方法で除去してもらうことをお勧めします。老人性のものは、加齢と共に発症し、紫外線が大きな原因と考えられています。色は、黒や茶色のものが多く、大きさも人により様々です。気になる場合、除去することが可能なため、医師に相談してみましょう。また、いぼの中には悪性なものもあります。その場合も、早めに除去手術を行えば、完治できる可能性が高いです。良性と悪性を自己判断せず、必ず医師に診察してもらいましょう。

Copyright© 2018 目立って気になるいぼこそ切除手術【レーザーで対応をする】 All Rights Reserved.