治療内容を想定する

医者

計画通りの治療を受ける

いぼを切除手術する時は局所麻酔を使用して、いぼを上手くはぎとります。こうした切除手術は数年にわたり再発する時に、よく行われます。切除の仕方はケースによって異なっているので、ベストな方法をその度に上手く選ぶことが大切です。切除の方法として人気なのが、液体窒素を使用する方法です。液体窒素によって切除する方法もかなりポピュラーで、液体窒素による急速な皮膚の冷却が切除を可能とします。液体窒素を使用する冷凍凝固では週に一回くらい、いぼの部分を液体窒素で凍結させます。何度かこの治療を繰り返すことで、再発を防いでいくことができます。液体窒素を使用する時は、皮膚が冷えるので痛みが発生します。液体窒素を当てる時は、痛みのことを考慮することが大切です。当てる量が多いと、大量に一度に切除することができますが痛みも増しますので液体窒素の使用料を上手く考える必要もあります。液体窒素を押し当てた部分は、しばらくすると内出血や痛みが発生することを想定する必要もあります。いぼは表面近くまで血管が通っているので、削ると赤い出血点を確認することができます。いぼかどうか紛らわしい場合はこうした検査することで、その存在を確実に確認することができます。いぼには様々な種類があり、子供に多いタイプは軟属腫ウイルスが原因です。このタイプは、プールで感染することがあります。このタイプは、レーザー治療で増殖を防ぐ必要性が高いです。皮膚は表皮と真皮に分けることができて、皮膚の表面に傷ができるとウイルスが基底細胞に感染することもあります。感染を確認していぼが大きくなったり増殖した場合は、早めに病院に行くことが大切です。早めの手術が増殖を防ぐ手段となりますので、決断を早くする必要があります。冷凍凝固治療では週に一回ぐらい液体窒素で患部を凍結させますが、特に治療後のケアは必要ないことが多いです。液体窒素のかけ方は、病院によって異なっていてスプレー式で効率的に当てるところもあります。炭酸ガスレーザーはほくろやいぼの除去に効果があり、多くの切除治療で使用されています。いぼは皮膚科医がハサミで綺麗に切除手術で切り取ることもできます。場合によっては、強い薬品で切除することもあります。薬品を使用する時も、液体窒素治療と同じく10回以上治療をすることを想定することが大切です。複数回病院に行くので、病院の選択はより的確に行うことが重要です。いぼウイルスに接触してもうつらない人もいますが、スリッパなどの共有はなるべく避けることも大切です。

Copyright© 2018 目立って気になるいぼこそ切除手術【レーザーで対応をする】 All Rights Reserved.